読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真日和。

えっと、快晴でしたが

前日よりも、お客さんと敵が増員されて大変でしたが

雨が降らないだけでも有難いことで

今日も何枚か撮ってきましたが

あんまり上手くないのと

周囲を警戒しすぎて、何を撮ったんだろ?っていうなってますが

出せる物を。

まず

嘘から出た誠な話なのですが

竹原では、何度か映画やテレビなどのロケ地になる事がしばしばありますが

その中でも、「時をかける少女」の印象が強い人もしばしばで

ロケ地さながら、当時の面影を残したり、ロケ班が支度部屋として使っていた「堀川」と言うお好み焼き屋に行く

今で言う、聖地巡礼をされる方もしばしばいますが

そのお好み焼き屋は、醤油屋として作中にもでて

小道具で作られた看板は、今でも出ているのですが

その堀川さんが

作られた、たまゆら仕様のポン酢です。

すみません、醤油もあるみたいなんですが、ポン酢なんです。

で、次が

かぐや姫行列です。

たまゆらの映画にもちらっと、出ていましたが

各地にいる「ミス○○」の竹原市かぐや姫と呼ばれます。

で、そのかぐや姫を牛車もどきに載せて、町並み保存地区のメイン通りを練り歩きます。

が、そんななかで

餅まきタイムがあります。

敵と書きましたが、幾度か緩やかな放物線を描かない

x=y+2みたいな

殺気を帯びた餅が飛んできたのと

周りの大の大人が、餅欲しさに、軽いフェスみたいなノリで

やれ、コッチだの言うから

xがたまに当たってはダメな部分に、クリティカルヒットをして、つうこんのいちげきをもらいつつ

背後から

「だから、わたあめを買わないからだよ」と揶揄される醜態。

なんて、組織的なんだと嘆きましたが

たちまち、こんな感じの祭りです。

また、帰ってから出せる物があれば、また出します。

では、では。