読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主は共におられる

ハレルヤ♪

皆さまおはようございます(^-^)

今日は御言葉からシェアさせていただきます

■御言葉

●話し合ったり、論じ合ったりしているうちに、イエスご自身が近づいて、彼らとともに道を歩いておられた。(ルカ24章15節)

■同25節〜27節

●するとイエスは言われた。「ああ、愚かな人たち、預言者たちの言ったすべてを信じない、心の鈍い人たち。(25節)

●キリストは、必ず、そのような苦しみを受けて、それから、彼の栄光にはいるはずではなかったのですか。」(26節)

●それから、イエスは、モーセおよびすべての預言者から始めて、聖書全体の中で、ご自分について書いてある事がらをを彼らに説き明かされた。(27節)

■同30節〜31節

●彼らとともに食卓に着かれると、イエスはパンを取って祝福し、裂いて彼に渡された。(30節)

●それで、彼らの目が開かれ、イエスだとわかった。するとイエスは、彼らには見えなくなった。(31節)

■イエス様が弟子の到達を根気よく待っていてくださる

この御言葉は22日(土)と23日(日)のディボーション箇所ですが、昨日の派遣礼拝でもシェアしあいました。

御使いを通して復活を信じた女性たちの証を、噂レベルで論じていた弟子二人の所に、

●イエス様が直接現れ、共に歩きながら、二人の話をじっと聴いておられた。

しかし、弟子たちは、イエス様だと全く気付かない…。

そこでイエス様は、

25節〜26節にあるように、

●叱責を持って、

27節で、

●愛を持って聖書全体からご自分について書いてある事がらを一部始終説き明かされた。

その間、13節に書いてあるように、

●実に11キロの道のりだった…。

そして、30節〜31節にあるように、

●彼らのところに留まり、共に食事をし、 パンを取って祝福し、裂いて彼に渡されたら、二人はやっと復活のイエスのもとに到達した。

そして、

●イエス様は、彼らから姿を消され、神の奇跡を示された。

■主は共におられる

イエス様は、弟子たちのこんな状態においても、

●根気よく忍耐して共に歩いて下さり、

●時には叱って下さり、

●しかし愛を持って真理を語って下さり、

●彼らのうちに留まり、

●共に食事までしてくださり、

●彼らがご自分のもとに到達するまで待っていてくださった。

「この愚かな弟子たちの姿は、まさに自分である!」と認識して、

「イエス様は、いつもいつもこのようにそばにいてくださるんだなと認識」して、

●主の平安をいただき、感謝と喜びとまた、心燃やされて日々を歩みたいな思わされた次第でありました(^-^)

さて、今週一週間もこのことを覚えて多くの人々と交わって行こう(^-^)

今週も皆さまの上に、主の恵みのシャワーが降り注ぎますように☆