読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春風

見上げた花が 陽を浴びて

薄桃色の光となった

一瞬の風がテニスコート

花びらを送り込む

両手を挙げてつかもうとしたけど

指の隙間を逃げていく

ふと見ると

胸元に一片の花びら

出会いは

きっと

こんな感じ

いつの間にかそこにあなたが

まだ何も始まってはいないけど

確かに心は動いている