読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日で最後

10月から後期学級委員としてクラスをまとめ、評議委員として生徒会活動に参加してきた長男

クラスではヤンチャ君達の扱い方がわかり・・・

一人不登校になりそうな友達を支えていた長男

最近では重役出勤をしてくるらしく、登校するとクラスメートや担任から色々言われるその友達は、最後に長男のところに来るそうです

「来たのか・・・頑張ったな。でも、無理すんな。」

と言ってあげているそうです

学校に来たくないはずなのに、遅刻でも学校に来ている友達は偉いし凄いと私に話をしてくれます

でも、そう友達ができるのは長男がありのままの友達を受け入れて、居場所を作ってあげているからだと思います

担任とは相変わらず相性が良くありませんが、だいぶ距離の取り方がわかってきたようです

そして、担任のどこが嫌なのか言葉で説明できるようになってきました

つまり、ただ『相性が良くない』というのではなく『相手の何が自分にとって良くない結果をもたらすのか』を理解しだしたと言うことです

素晴らしい成長だと思います

約二週間で一年生も終わり・・・

クラスでの仕事は残っていますが『学級委員会』は一昨日で終わりました

そして、今日は今年度最後の評議委員会です

「憎っくき評議委員会めっ!」

と毎月評議委員の日の朝は口を尖らせて登校してきました

何故って

部活に出られないからです

正確に言えば、評議委員が終わって部活に行くと片付けとミーティングで終わり

『練習時間を返せっ!!』

といつも心の中で叫んでいたそうです

「絶対にもう学級委員と評議委員はやらない!!」

10月から毎月一回必ず聞きました

今日はきっとこう言うでしょう

「あ〜、終わった!もう絶対に誰がなんと言おうとやらない!!」

でも・・・

誰しもが経験できる仕事じゃない・・・

ましてアスペの子が・・・

クラスのため学校のために考え活動したこと・・・

クラスメートと先輩と先生方との関わり・・・

何よりも『やりたい部活』を我慢して『やりたくない委員会』をやり遂げたこと・・・

たった半年の経験であっても、それはきっとあなたの財産になることでしょう

社会に出る力となって・・・

半年間よく頑張りました

そして、ご苦労様でした

これからは、今月下旬にある部活の『スプリングコンサート』へ向けてママと練習頑張って