読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Passage

剣には花を

日記で毒を吐き出して、スッキリとして、ぐっすりと眠って迎えた日曜日

お天気も良く、気温が高め

来生さんのPassageを聞いています。

ジャケットが、カフェでコーヒーを飲んでいる来生さん

来生さんには、お酒よりも、コーヒーがお似合いです。

日曜日に聞くのにふさわしい、さわやか系です。

一曲目は、ジャズっぽい 「Almost」

 もうほとんど恋して もうすっかりのぼせて

 こんな気持ちなんて ああ 初めて

 静かな目であなた 見つめるから余計

 

 体ごとこわばるだけの 僕さ

恋のはじまりは、いつでも突然 

そして、一番良い時期なのよねぇ

すべてが、輝いて、薔薇色なのです

二曲目の「二人の場所」は、ラブソングの王道

 ひとりじゃ いられないこと わかり過ぎてるよ

 揺れる 木立の影は 二人のいる場所

 この世で一番いとしいひとは ひとり ここにいるよ

理想のプロポーズの言葉

私だったら うれしくて 泣いてしまうなぁ

「君が送る風」には、来生さんのイメージが重なります。

 今 目覚める前の夢

 

 そう たどっているような

 ただ 甘くていとしい気配

 今 感じてる 僕のこと

 そう 君には わかるはずさ

いいなぁ 来生さんのおそばにいられるのなら、風になりたいなぁ

「月の涙」

私は お月さまが大好き 

三日月が、満月になって、十六夜になる

月が見える夜は、心を落ち着かせてくれる

 上を向いてごらんよ 昨日と違う

 星が浮かぶ いつか気づいてもう一度

 瞳 あしたへ 向けてごらん

「ムーンライトスイム」「Dムーン」も、月にまつわるロマンティックな曲だわ

来生さんと一緒にお月見がしたいなぁ

人生が変わってしまうだろうなぁ

「夢紡ぐ日」は

もう一つの、クリスマスの物語

「Made In Xmas」は、クリスマスコンサート用のハッピーエンドの曲ですが

夢紡ぐ日は、恋人と別れて クリスマスツリーが淋しく見える

 どこかで同じように一人で今日を過ごすひと

 淋しさ 静かに心へしまいそして夢を紡ぐ

クリスマスコンサートで演奏された時、隣に座った女性が

ハンカチで涙を拭っていました。

思い出は美しいけれど 思い出す行為は 哀しい

それでも、思い出を大切にして、夢を見ることを忘れなければ、

新しい出逢いがある

えつこさんからの、心強いメッセージが感じられます。

恋は楽しい期間は短くて、苦しい事のほうが多いです。

私も最近、めっきり臆病になって、

恋から離れているなぁ。

・・・・・・・。