読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名前参考記事

【君の名は】もいいけど、自分の名に興味ないですか?魂が選んだ名前です。

【ひらがな50音からみる名前の情報は、侮れない!!】

(・∀・)ノLOVEName-MarketのHatsumiです。

**************

「たまみさん」です。

「た」……表の意味の一部

「た」は、田んぼから来ています。

田んぼの□四角い部分を耕し水を入れ苗を植える。風や水の量・日照が大切になります。

苗を植え収穫までに、大切な事をやり手間暇かけて、時間を掛けてやっとお米になります。

風や水の量・日照が大切になる事を知っていて、沢山の気配り目配りが出来る人。目線がパノラマだから出来ることなんです。

その土壌を耕すことで、開拓→拡げていくことができます。

↑画像写真に、田が塗りつぶされて、段々大きくなっていくを書いているのが、それです。

そこから、一代で会社を起こしたり事業を立ち上げたり、バイタリティーあるのが、「た」です。

情熱を持った努力家でもあります。

社長の名前に多いです。

「ま」……表の意味の一部

真っ直ぐ。真・信・誠

私が、一番真っ直ぐな人で思い浮かぶのが、真央ちゃん!

ご記憶にもあると思いますが、トリプルアクセルを飛ぶのに、ジャンプを一から直し、ソチオリンピックに出場しました。フリーの演技見たかた多くいらっしゃると思います。

正に、真央ちゃんがそれ!

真っ直ぐで、自分のコレ!を強みとし、やりたいことに真っしぐら。

真っ直ぐな縦の線に対し、真っ直ぐでない部分を日本人のご先祖様は、「かる」と言いました。

真(ま)が、かる。

で、「曲がる」と今は言っています。

だから、「ま」の名前の方は、好きな事ややりたいことがあると、真っ直ぐ進む人です。

他人からは、融通が効かないと見えるでしょうが、人目なんて気にせず進んでください。

「み」……表の意味の一部

「み」は元々、水を指します。水は汚いところを綺麗に洗い流す作用があります。水洗トイレが、そうですね。

浄化の意味働きがあります。

水は流れている、流れる動きがあるから綺麗なんです。

綺麗な水は、手や顔を洗えます。拭き掃除もできます。お料理やご飯を炊くこともできます。

動きが常にあることが、自分が浄化されていること。

たまみさんの感想

全部聞いたわけではないけど、自分の好きな事を拡げていく、増やしていくと良いかも。

これから一つ一つを大きくさていくと、広がっていきそうです。

**************

以上〜名前の情報・表の意味の一部を載せました。

※裏の意味は載せてません

**************

大和言霊とは、私達の国の固有の言語です。まだ文字が伝わる前のその昔、私達のご先祖様(縄文人)が使っていた言葉です。それが日本語です。

今は、現代日本語と言います。

その基本となるのが、「ひらかな50音」です。

その一音一音すべてに、意味働きを持っているという特徴があります。

それを呼び名に置き換え、名前の情報の意味働きを伝えています。

自分を好きになる、自分を活かすことに根差したセッションです。

***************

【ひらがな50音からみる名前の情報は、侮れない!!】

貴方の名前には、素晴らしい情報が沢山ありますよ。

自分に対し、誤解している自分と和解しませんか?

※私の名前って、どんな意味があるんだろう?と名前に興味があり知りたい人

※実は人生の主人公の視点で人生を歩みたい人。その為の情報が欲しい人

※自分の名前の意味働きを使って、益々輝きたい人

ー名前Market・応援面談ー

*電話面談

*対面面談

どちらか選んでくださいね。

*料金は、ご本人様がセッションを受ける、2万円です。

※他にご家族さまの名前のセッションを希望の方は、お一人様1万円でします。

*時間は、小一時間みてください。それ以上になっても追加料金はありません。

*お申込者の都合での変更は、2回目まです。3回目は、こちらからお断りさせていただきます。その時の返金はありません!

*今現在、精神的疾患のある方や、ただのお悩み相談を目的としている方、私の話を聞いて欲しい〜構ったチャン等は、名前のセッションの趣旨とズレますので、御遠慮下さいませ。

(※場合によっては、お断りさせていただきます)

*漢字・画数の姓名判断ではありません。リピート不要、一度聞いたら一生ものです。

ピンときたかたは、メッセージ下さい。

※不明な点は、お問合せくださいませ。

他にも〜

【茶話会(サワカイ)】

【ひらがな50音・言の葉講座】

(o^O^o)お待ちしてます。

【世界はワタシが創る】

《名前の情報を受け取ったら、自分の世界を創っていってくださいね。》