読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2月分報

ウチの居間には冬場コタツが設置されており、そこの稼働率が一番高い。

=ここに猫が最も集まりやすい環境にあります。

最大で4匹(もう一匹いるけどコタツ嫌い)がひしめく上に我々人類が足を突っ込むわけですが…

この四天王の中にペロリストがおりましてな。

素足でテリトリーに侵攻してしまうとペロられる。

ただペロられるならさほど問題ないのですが、こやつはペロ開始すると止まらないタチらしく…

こちらが足を引こうにも抱え込んで爪を立てます。

ノってくると足爪をかじり始める。

これらが控えめに言ってもクソ痛い。

また、多大なダメージを覚悟で逃れてもコタツに足を突っ込んでる限り追尾してくる凶悪さ。

この時のペロリスト犯の眼は完全にハンター化してる。

外禁猫である為か野性を発揮する機会がこういうところしかないと言うことなのか…

以上が猫の日に乗り遅れた話題であった。

BB

Ver.upによりかねてよりの告知通り性病銃が弱体化。

若干の実弾ダメージ威力低下?とCS時のスリップが通常hit時と同じに引き下げ。

1マガジンの弾数が5→3。

まあ大幅にやられましたね。

こうなると今まで以上に「寄られると本当に何も出来なくなる」ので、使い味がライオγと被る感じだろうか。

普段使いはSPとかスタンピート辺りに持ち替えかな…。

あと影響出たのはマッチング幅変更。

サブカのS1がA5までマッチするようになってます。

三国志

軽く15戦程度触ってみた。

3までと違う点は盤面一定以上をスプラトゥーンよろしく塗り絵征圧するとダメージが入るようになったこと。

維持すればしている間は一定時間毎にダメージ。

流星デッキなんかで延々ガチ守りするだけでは勝てなくなってます。

攻めろってことですね。

もう一つ変更点として大きいと感じたのは、君主カード(aime)に武将カードが紐付けされる。

基本的には自分の引いたカードしか使えなくなります。

ただ、トレードの機能がサテライト機から行える(有料)のでこちらを使って全国のプレーヤーと交換が可能。

…これ確かにSRとかレアリティが高いものはすごくいいシステムですね。

ただ、コモンとかも同額取られるようだし…そっちはもうちょい配慮してくれないと新規が厳しすぎるんでは…

カード資産が戦力に直結してるわけだしねえ。

なので結構な期間CPU戦で掘らないと対人戦は話にならないようですね。

3まで漢王朝の為に戦ってたので、使い味が似てる(爆発力的に)呉を選択。

とりあえず今のところSR孫権以外はさっぱりいいカードなし。

…ぶっちゃけ思っていたよりカード性能なんかも前作から変化が少ないし、それでカード資産は0から、加えてカード入手には縛りがあるってなると敷居ばかりが高い印象ある。

バッサリ言うと上記二点の変更以外はあまりないまま初代三国志大戦に戻った感じ。

まあ保守的な内容望んでた人にはウケがいいんじゃないでしょうか。

今のところあまり楽しめる内容じゃなくてガッカリ。

そう言ったわけでゲーセンに行く機会が減った分引きこもって捗ったのがグラブルとほとんど消化していなかったアニメ鑑賞なのであった。

グラブル

rank125。

今まで一般兵として挨拶以外ほぼ喋らずにぬくぬく過ごしてきたわけですが、団内のとあるモメ事に気の迷いから口出ししてしまい不幸にも黒塗りの高級車に追突してしまう。

結果、さしたる実力もないまま副団長に据えられた。

マグナクラスのマルチのdropに修正が入ってますね。

救援で入った場合、従来は1位赤箱・2位金箱だったのが2位でも赤箱の場合や3位でも金箱が出ることがあります。

取得ポイント依存なんですかね?

ナタク辺りのマルチには内容も変更されてて、SSR武器がdropするようになってます。

私もフラムグラスからエッケザックス出てた。

あとは先月には仕上がってたような気がするけど土斧完成してサラーサ加入。

先月末までの1400万突破キャンペーンで引いたアルルメイヤも加わり、ジークフリートのLvが100達成と土パの陣容がますます厚くなってますが、これ今待望のサラを引いたとしても入る余地ないな…

サラーサ・爺の200万パワーコンビは極悪卑劣にて野良でも使用を躊躇うレベル。

アニメ

年間通して撮るだけで満足していた作品の何と多いことよ…

見る事ではなく撮る事が目的化している節すらある。

酒の肴にチラっとだったり録画が上手くいってなかったり1話でバッサリ切ったりで最近アニメには真面目でなかった気もします。

これって推しの作品を何周かすることもなくなってましたしね。

そんな不真面目野郎が久々に何周かする作品に巡りあいました。

タイトルは「この素晴らしき世界に祝福を!」通称このすばです。

ラノベ原作で異世界ものとなると、もはや定番と言うか食傷気味の設定ですよね…って言うところで全くスルーしてました。

粗筋も「異世界で美少女に囲まれながら冒険者として魔王を討伐する事が目的」…ってざっくり書くとやはり吸引力0やな…。

原作を読んでみるとkeso日記(月報)みたく余計な描写がなく、ライトな小説と言った感じで書かれてます。

作画はパッと見ると原作イラストの三嶋くろね氏のものとは結構違う。

かなり崩して描かれてる。

ここのところは後ほど合点がいったんですが、敢えて三枚目な風体にされてるんですよね。

さて、そんなマイナスイメージ先行なところからが入り口でしたが、なへんに興味が沸いたかと言うと

あみあみとかカホタンブログ(グッスマ公式ブログ)巡回してると結構グッズを見かけるんですよね。

それぞれで断片的なキャラ情報も書かれてましたし、多少は面白いのかな?と。

さて、ここで粗筋の補足をすると

主人公カズマを筆頭とするパーティーメンバーはそれぞれ長所以上に短所(クセ)が強い。

カズマは良く言って知恵が回る(姑息・狡猾)が、運以外は一般現代人のステータスそのままなので当然弱い。

アクアは女神で能力を限定されながらもステはカンストしているが、知性と運が致命的に悪く、このことから毎度トラブルメーカーとなる。

めぐみん(愛称ではなく本名)は威力・範囲とも絶大な爆裂魔法を操るが、1日1発限定の上それ以外の魔法を頑なに習得しない。

ダクネスは容姿端麗・大貴族出身のバイタル全振りタンクである反面攻撃は全く当たらず、また性癖を拗らせ過ぎて修復不能。

以上の締まらない4人が織り成すドタバタ劇。

ガープスとかでキャラクリエイトした場合なら…

カズマ75cp・アクア500cp・めぐみん200cp・ダクネス250cpくらいですかね。

初期状態でこんなのが最初の町から動かずにティルトワールドみたいな暴れ方する。

アクア様に至っては見た目も相まって完全にプリキュアや(一部の敵に限る)。

訂正、泣き声の汚いプリキュアやな。

cvの天さんすごいいい仕事してます。

無論天さんだけでなく2期中盤バニル戦でのダクネス(cv茅野愛衣)とか完全にスレイヤーズな魔法詠唱やらカエルに呑まれるめぐみん(cv高橋李依)、スティールの際指の動きに実にらしい声を当ててた福島潤さん(カズマ)等…

掛け合いの妙・間の取り方が芸人のそれ。

こう書くとさっきよりは面白く聞こえます?

わかりにくいね?

まあ、二期まで出てるってことは面白いってことよ。

ええぞ(ええぞ!)

二作目はRe:ゼロから始める異世界生活

こっちは原作小説読めてないですけどまだ原作小説も未完結っぽいですね。

スタート地点はこのすばと同じですが、こちらはシリアスで主人公のスバル君がとにかく死ぬ。

アニメだと1話に1回死んでるんじゃないですかね…ことごとくが「BAD END」な死に方です。

グロって意味で万人にオススメは難しいですが…死んだルートの記憶を保持した人間の思考が真に迫ってる点はガマンしてでも見てみる価値はあると思います。

(真に迫ってるって言うても死んだことないので真実のところわかりませんけど)

まだアニメも全部見きれてません。

が、18話。

実質スバルとレムの会話だけで終わる回。

これは堕ちる(kesoが)。

そりゃ正ヒロイン差し置いてgoogle検索候補に出てくるはずやで…。

三作目、小林さんちのメイドラゴン

原作はアニメ前に既刊(5巻)分読み終えてました。

3巻くらいまで読んでふと

「あ?これ…百合だわ…」

と唐突に気が付いた作品。

総じて常識を知らない龍が巻き起こすドタバタな毎日を描いてますが、たまーに深いお話が出てくるのがいいアクセントになってますね。

アニメは安定の京アニ

中二病氷菓・天ブリとかもそうでしたが、OPがイイ。

BPM高い曲を勢いのある作画でテンポ良く押し切ってく感じはOPだけで「ちょっと見てみよ」って気にさせてくれる。

それにしても小林さんのcvが高山みなみで最初若干の違和感ありつつのEDのスタッフロールみて「田村睦心」で爆笑ですよ。

…声優さんマジすごいわ…言われりゃまあ確かにヨナ坊だわ…全く分からんかった。

フフーフ。

四作目。

亜人ちゃんは語りたい

こちらも既刊4巻読後です。

作者のペトスさんのキャラってか線の描き方がどこかで見たことあるんだけど思い出せん…。

アニメではこの独特のクセみたいなのが消えてるんですよね。

別段違和感のある話でもなく、単に思い出せんところにひっかかり感じるんや…。

TUTAYAで単行本のジャケット見て手に取ったときはホムンクルスの話かな?と思ってました。

全然違ってましたね…全然でもないですか。

まあドラキュラやデュラハンなどの怪異な特性を持つ「人間(亜人)」と普通の人間が共存している(学生)生活を描いた作品です。

今のところ出てきた亜人の内クルツと言う少年だけ種族が判明してません。

何でしょうね?

サキュバスの催淫が効かないのと嘘に抵抗(もしくはつけない)がある…真っ先に浮かぶのは妖精ですねえ…。

ピノキオ?

ありゃ妖精ではなかったか…うん、わからん。

以上の4作品です。

どれも面白かったんですが、どれか1作推すならー、んー…やはりこのすばですかね。

TV放送あった作品は東鳩以来円盤(と言うかLD)買いはご無沙汰ですが、これは久々に買ってしまいそう。

先に勢いで今更の冬物バイクジャケット買っちゃったので控えてますが、暇があるといつの間にかamazonのこのすばコーナーで指先震わせてる自分がいる…。

https://toracon.jp/

これ似た様なのは小規模ながらあったかと思うんですけど、あの「とらの穴」がやっちゃうのか…。

オタは結構な率でコミュ障併発してるから成婚までってなるとかなり狭き門でしょうねえ。

FF11でもゲーム内のみならずリアルで結婚もちらほらは聞いた話ですが、全盛期で31鯖の各1万人として31万人。

同じゲームですら成婚するとニュースになるくらいだし、結構珍しい。

まあこれについてはゲームが目的であって結婚目的じゃないから確率からすると当然低いですわな。

間口の一つとしてはアリかな…。

オタクにもライト・ハード・ナイトメア・ヘル・インフェルノ等…ランクも様々。

そもそもどこからがオタクと言える存在なのか?

格差マッチがあるようではクソゲーまったなし。

しかしてこのサイトにはそれを測定するための「オタク度診断テスト」なるものが設置されておりました。

なるほど。

ここで振り分けられると言うことですか…。

…私もオタクの端くれを自負する身。

ここは一つどこまでの数値が出せるかトライしてみようと思います。

しからば思いつく限り項目にチェックと必須項目に書き込みをば!

〜15分程〜

よし、とりあえずはざっとFFに絞ってキャラ名を書き込んで診断開始。

「あなたにはとら婚を使って活動する資格がございます 。」

…うん?

あれ?こんだけ?

数値…ないんですか…えぇ…

じゃ、試しに必須項目を最低埋めるだけにして診断開始。

「あなたにはとら婚を使って活動する資格がございます 。」

んんwwwwもてwwww遊ばれたwwwwww

オタクは志を持ったものが既にオタクと言うことか!

ええ…週に1時間のオタクってどんな…?

まあ、週末のボダブレプレーヤーとしても、そんなんオタクじゃなくて嗜み程度の一般人では…。

とらの穴ならもうちょい真面目に取り組んで欲しいですね?

数値化とか。

昔やったFF11の廃人度測定は討伐NMやら所持レアアイテムを数値化して合計値出してましたが、あんなのにしましょ。

頑張れ頑張れできるできるぜったいでk

今月の月報は何日か放置しながら書き足してったため、若干長めですね。

2月はやりもしないWoT動画ひたすら貪り見てた月でもあった。

エリカの交換訓練プログラム

戦車娘ちぬたん

ゆっくり妖夢の本編復帰の道

にとりんおぶたんくす〜紅茶を添えて〜

霊夢の日雇い戦車道

山猫さんち!

…列挙したら思ったより見てたわ…。