読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一匹狼が行く

ちょっと

ブレイクタイムて

ちょっと

どころでは

ないが

長い

ブレイクタイムだか

さて

前回

話してた

自動工作機械の

話し

元々この話しって

ゴミ屋の

リサイクルの

話しで

電子部品である

ロムや

iCチッブが

価値があるんだて

話しから

どうして

電子部品の

ロムや

ICチッブなんて

知ってるの?

て話しで

実は

奈良の田舎の

大和郡山市

電気メーカーの

倉庫に

入っていた

梱包屋に

1987年と

1988年に

アルバイトに

行っていた話しに

1988年に

日本製の

自動工作機械が

ソ連側に

流れて

潜水艦のスクリューの

制作に

使われて

スクリューの音が

全く

しなくなったて

話しから

その

自動工作機械に

使われている

電子部品の

輸出禁止になり

ワープロと電卓の

アフターパーツの

輸出待ちしている

梱包されいる

箱から一つ一つ

電子部品を抜き取る

話しで

電子部品の

ロムやICチッブを

抜き取る

作業をしなくては

ならなくなり

それで

知っているて話し

その

電子部品が

自動工作機械に

バージョンアップの

為に使われる

恐れがあるから

輸出禁止に

なったのだろうて

話し

果たして

自動工作機械

だけで

そんな

潜水艦の

スクリューの

音がしなくなる

だろうか?