読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめサイトのとある記事

http://himasoku.com/archives/51993561.html

まとめサイトなんだけどなかなかのこと。

萌えアニメと媚びアニメについて語ってる。

はい。正にこの通りです。与えられるコンテンツに頭空っぽにして楽しむ。衰退を辿る一歩です。

作る側。目先の金に飛び付くな。

見る側。よく考えろ。今、与えられたものが馬鹿向けなのかどうなのか?

総評。

全ての媒体に言える。ユーザーが馬鹿になれば終わりです。馬鹿にはなるな!

(卓球)大会前に大勝

昨日の卓球クラブの練習。

前半は基本ラリー・スマッシュ・ツッツキ・3球目攻撃を練習。

後半は試合。

中学生:4勝3敗

部長:2勝0敗

6勝3敗で勝ち越し。

これで今週日曜日のワンピース卓球大会が楽しみになってきたw

イベント参加

今日はイベントに参加のため休み盗って幕張メッセへ。

珍しく朝から外食。

77.2

池田美優、「超チア部」監督に!メンバーに日下部美愛、石井さなも

池田美優って誰かわからないけど、日下部美愛、石井さなはよく知ってる。

この2人の名前が挙がるという事は、この2人はやはり人気なのだろうか。

みあもさなも彼女たちが小学生の頃から見てるからなあ。

-----------------------------------------------------------------

ティーン向けイベント『超十代』から、がんばる10代にチアダンスを通じてエールを送るブカツ「超チア部・TEAMマイティア」が発足したことが28日の同イベントで発表された。

 『超十代』は2016年に初めて開催された体験型フェスで、イベント当日は会場に1万人を超える10代が集結し、連動しているWebプロモーション番組「AmebaFRESH!」や「LINE LIVE」では、事前・当日で合計視聴者数、約200万人以上を記録するなどまさに「ティーン」のためのお祭りとも言えるイベント。イベントだけに限らず「超十代のブカツ」としてネットでつながる新しいブカツも提案し、これまで超GAL部、超スニーカー部、超古着部が既に発足しており、これらに続く形で、「超チア部」が今回発足した。

 「超チア部・TEAMマイティア」は、監督として10代女子に人気を誇るカリスマモデル・池田美優を起用し、選抜メンバーとして日下部美愛、石井さななどが参加。そして、現在選抜メンバーと一緒に「超チア部」を盛り上げる部員を募集中。応募方法は4月30日までに応援をモチーフにしたダンス動画を「#超チア部」をつけて自身のTwitterに投稿することでエントリー完了となる。

https://www.rbbtoday.com/article/2017/03/29/150425.html

池田美優、「超チア部」監督に!メンバーに日下部美愛、石井さなも

インドでのヒルトンホテル

今回のツアーでは3泊ヒルトングループホテルです。

1泊目ダブルツリー。バイ・ヒルトン・グルガオン(デリー)

ここではトイレペーパーを見て使いかけがセットされていると思った。

翌朝、現地添乗員に一様クレームを言っら、何とかあるので要らないと言ったのに

ハウスキーピングが2個持ってきた。

元々日本のとは違い新品でも最初から細い。

3泊とも同じだった、こちらの方はタイやマレーシヤと同様おしりは水で洗うらしい、

ハンドシャーワーが付いている。

2泊目ヒルトン・ジャイプール(ジャイプール)

室内用のスリッパが無い。

フロントに電話してクレームを。

暫くするとハウスキーピングがアメニテーを一式持参してきた。

違う、スリッパだと言って理解してもらうと持ってきてくれた。

3泊目ダブルツリー・バイ・ヒルトン・アグラ(アグラ)

到着が遅くなり直接ホテルの食堂へ、食事している間に荷物は部屋に行ってるはずが

部屋に無いので現地添乗員の携帯に電話、しばらくすると持ってきてくれた。

直ぐにでも着替えたかったのに。昔パリでもワードカップ時ボーイがテレビにくぎ付けで

なかなか持ってきてくれなかった事があった。

3泊とも何らかのクレームが???(1泊目は知らなかったから)

写真は左が日本、右がインド、のトイレットペーパーです。

昭和の惜別

当時ニューミュージックという音楽ジャンルがありましたw。

ユーミン中島みゆきもこのジャンルでひとくくりになっていました。

こちらは、ムード歌謡というジャンルです。今や死語となっておりますが、有線等では演歌とともに根強い人気を誇っております。

アニソンだとこれですね。映画版となります。ネタばれとなりますのでラストシーン入りの動画はあえてはずしました。

惜別といへば、

「あめゆじゅとてちてけんじゃ」です。

あー、もう涙が・・・。

FIFAワールドカップ ロシア 2018 アジア地区最終予選 日本×タイ 感想+α

お疲れちゃんにゃん

まずは昨日FIFAワールドカップ アジア地区最終予選が行われました

日本タイは40

スタメンはGK川島

DF長友 森重 吉田 酒井宏樹

MF酒井高徳 山口 香川

FW原口 岡崎 久保

前半

日本は細かいつなぎに大きな展開を入り混ぜた攻撃で主導権を握ります

すると8分自陣からDF森重がロングボールを入れると右サイド敵陣深くでFW久保が受け細かいステップでタイのディフェンスを揺さぶりグラウンダーのクロスを入れます

ファーにいた香川がこれを拾いシュートフェイントで2人のタイDFを交わし冷静にシュートを放つとネットに突き刺さり日本先制

また19分セットプレーで前線に残ってたDF森重がFW久保にボールを送り右サイドの敵陣深くからクロスを入れるとニアサイドにいたFW岡崎がヘディングを放つとこれが決まり日本追加点

岡崎はこのゴールで代表通算50得点目達成

終盤はミスが目立ちタイに攻め込まれる展開が続きますが守備陣が身体を張って守りきり無失点で前半終了

後半

前半終盤同様タイに攻め込まれる展開が続きます

12分DF酒井宏樹が右サイドの敵陣浅くからスローインを入れるとPA手前の右で受けたFW久保がペナルティーアーク内から左足で正確なシュートを放ち日本追加点

21分にFW原口に変わりFW本田を投入

29分にMF香川に変わりMF清武を投入

38分左側のCKを獲得した日本

キッカーは清武

右足で正確なクロスを入れるとタイのDF2人の前に入り込んだDF吉田が頭で合わせ日本追加点

39分にFW久保に変わりFW宇佐美を投入

41分にタイにPKを与えてしまいますがGK川島が好セーブ

試合終了

感想

前半の内に2点を取ったのは良かった

ですが前半30分位から後半の久保のゴールが生まれた12分まではシュートがまるで無かった

更に最終ラインとボランチのミスが多過ぎて前線も守備に回る展開が多かった

でも本当にタイの決定力不足に助けられて無失点だったのが不幸中の幸い

個人的には酒井高徳ボランチに置いて欲しくないな

MVPは1ゴール2アシストの久保

点数は10点満点中4点

快勝はしましたが手を叩ける内容では無かったですね

次は6月13日

アウェイでイラク

ただイラクはテロやら内戦やらで第三国での試合となります

イランのテヘランで行われます

あと6月7日にキリンチャレンジカップでシリア戦もあります

場所は東京の味の素スタジアム

仮想イラクということで対戦するみたいですね

イラク戦からはこういうミスはしないで欲しいです

システムは4‐3‐3の方が合ってるのかも

あと毎試合サプライズはいらないので

さてこっからはFIFAワールドカップの各地区の結果

まずは南米地区

ボリビアアルゼンチンは20

エクアドルコロンビアは02

チリベネズエラは31

ブラジルパラグアイは30

ペルーウルグアイは21

順位表

首位ブラジル

2位コロンビア

3位ウルグアイ

4位チリ

5位アルゼンチン

6位エクアドル

7位ペルー

8位パラグアイ

9位ボリビア

最下位ベネズエラ

次戦は9月1日

ブラジルエクアドル

ベネズエラコロンビア

ウルグアイアルゼンチン

ペルーボリビア

チリパラグアイ

次は北中米カリブ地区

ホンジュラスコスタリカは11

トリニダード・トバゴメキシコは01

パナマアメリカは11

順位表

首位メキシコ

2位コスタリカ

3位パナマ

4位アメリカ

5位ホンジュラス

最下位トリニダード・トバゴ

次戦は6月10日

メキシコホンジュラス

アメリカトリニダード・トバゴ

コスタリカパナマ

次はオセアニア地区

グループA

ニュージーランドフィジーは20

順位表

首位ニュージーランド

2位ニューカレドニア

最下位フィジー

ニュージーランドは代表決定戦に進出

次戦は6月10日

フィジーニューカレドニア

グループB

パプアニューギニアタヒチは13

タヒチパプアニューギニアは12

順位表

首位タヒチ

2位パプアニューギニア

最下位ソロモン諸島

次戦は6月9日

ソロモン諸島パプアニューギニア

最後はアジア地区

グループA

韓国シリアは10

イラン中国は10

ウズベキスタンカタールは10

順位表

首位イラン

2位韓国

3位ウズベキスタン

4位シリア

5位中国

最下位カタール

次戦は6月13日

イランウズベキスタン

シリア中国

カタール韓国

グループB

オーストラリアUAEは20

日本タイは40

サウジアラビアイラクは10

順位表

首位日本

2位サウジアラビア

3位オーストラリア

4位UAE

5位イラク

最下位タイ

次戦は6月8日と13日

8日

オーストラリアサウジアラビア

13日

タイUAE

イラク日本

以上だにゃん

Ciao